白さを保つコツ

食事に注意しよう

着色性の強い飲み物や食べ物はやはり控えた方が効果は持続します。
特にホワイトニング直後は気にしてください。

具体的には、飲み物の場合はコーヒー・紅茶・赤ワイン・ココアといったものです。
食べ物の場合はカレー・ミートソース・ケチャップ・味噌・醤油・ソースなどです。
酸性のものを一緒に取るとさらに汚れやすくなります。
飲食物以外でも、うがい薬・たばこ・口紅もステインが付着しやすくなります。

外から見ても色が濃いもの、というのが白さに影響を与えるわけです。
逆に白いもの、無色のものはホワイトニング中には最適といえます。
水、牛乳、白米、白ワイン、塩、豆腐、ホワイトソース…上記の色の濃い食べ物と換えて摂取してもいいものばかりですね。

継続は力なり

ホームホワイトニングの前には、歯磨きをしっかり行って薬剤を浸透させやすくするのが基本です。歯磨きは食後、のイメージがありますが、ホワイトニングの場合は事前に行うことも大事です。

また自宅でのホワイトニングは面倒なものですが、毎日必ず行いましょう。
白くなったな、という実感はすぐにはわかないかもしれませんが、時間がかかるものです。
薬剤によって違いはありますが、最低2時間のマウスピースの装着を毎日、続けてください。
不規則な装着になると、なかなか効果がでなかったり、歯がしみたりします。
歯科医の指示を仰ぎ、適切な時間を守って行いましょう。

歯磨き後にコーティング剤やトリートメント剤を塗っておくと、白さを持続させる手助けになります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ