ホワイトニングとは

歯の白さを保つ基本

黄色い歯垢は歯磨きをしっかりすることで除去ができます。
もっとも虫歯を防ぐのに歯磨きは必須といえるので、たいていの人は習慣化していることでしょう。

原因を考えるに、着色が懸念される嗜好品もなるべく避けたいところです。
そうはいっても全部やめるのもなかなか難しい話です。
コーヒーなどを飲んだ後、飲食後30分以内に2分以上は歯磨きを欠かさずにすると、歯の白さを保つのに効果的です。歯磨きが難しい場合は口をゆすぐだけでも構いません。

今はステインに注目した歯磨き粉がたくさん出ています。
ホワイトニング用と書かれた歯磨き粉を選んで歯磨きをしてみましょう。

電動歯ブラシを使用している人は、付属のブラシにステイン除去用があるかどうかをチェックしてみましょう。この場合、研磨しすぎのないように歯磨き粉選びに注意が必要です。

薬以外の効果は…?

歯を白くする専用の薬剤がありますが、それ以外にも、白さの持続に役立つものがあります。
自分の身体からでる、唾液がそうです。
唾液は黄ばみのもとの歯垢を流してくれますし、黒ずみのもととなる虫歯を防ぐ効果もあります。ツバとかヨダレとかいうとなんだか汚いイメージがありますが、実にクリーンで大事な役割をもったものなのです。唾液の減る就寝前には歯磨きを必ずしなければなりませんね。

自宅でやる方法を色々耳にすることもありますが、効果があるのかわからないものも取り上げられています。
ココナッツオイルでうがいをするとよいと言われたこともありますが、検証は不十分です。
また重曹うがいや酸性のものでうがいをする・歯を磨く、という話はよくありますね。
効果自体はあるのですが、重曹は研磨の効果が強すぎて歯を傷つける怖れがあります。
酸性のものは歯を溶かすのでやはり安易に行うのは良くないといえます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ