ホワイトニングの効果を長持ちさせる自宅でのケア方法

自宅でケアするホワイトニング指南

いつも歯が白いといわれたい

「芸能人は歯が命」

…などという文言を耳にして、実際真っ白な歯の人を見ると美しくてうらやましい限りですね。芸能人ほどではなくても白い歯には憧れをもってしまいます。

歯の着色の原因は様々です。
飲食による色素沈着によるものが代表的でしょうか。
いわゆるステインと呼ばれる着色汚れです。
コーヒーや紅茶、ワインなどが思い浮かびますが、たばこもそうですね。
また加齢によって黄ばみが生じることがあります。
歯の白い部分を形成するエナメル質が減少していくからです。
ほかには、歯磨きを怠って歯垢が付着している場合です。
歯垢は淡い黄色なのでその色がダイレクトに見えてしまうわけです。

こうした原因によって歯の黄ばみ黒ずみがおこると、気になって口を開けたり笑えなくなってしまうこともあるでしょう。
歯を白くするホワイトニングを行えば、そういった悩みも解決できます。

歯医者では歯を白くするホワイトニングの施術も行ってもらえます。
歯科医院に通って行うものを、オフィスホワイトニングといいます。
オフィスホワイトニングは強い薬剤を使い、効果は強力です。
ですが、歯科医院に通う時間をとらなければならなかったり、歯の色戻りが少々早いなどとデメリットも存在します。

そこで、自宅で行える、自分で自由にホワイトニングするホームホワイトニングが人気となっています。オフィスホワイトニングが長くて半年ほどの効果持続時間とすると、ホームホワイトニングは1年ほどです。

このサイトでは、こうした自宅でのケアでホワイトニングを長持ちさせる方法を紹介しています。
芸能人ほどではなくても、白い歯ですがすがしく生活したいですね。

ホワイトニングとは

ホワイトニングというと、歯科医院に行く前に自分でできることはあるんじゃないかとまず考えてしまいますね。 虫歯はどうしようもありませんが、ホワイトニングに関しては何点か毎日の日課として行うべきことがあります。 まずはそこを試していくとよいでしょう。

ホームホワイトニングの概要

自宅で行うホワイトニングといえばホームホワイトニングです。 歯科医院で診てもらう必要はありますが、手軽で低コストなのでやってみたいという人も多いことでしょう。 初めて行う場合はどんなものなのか不安ですが、一連の流れを知っておけば取り掛かりやすいですね。 事前の注意点も把握したうえで検討してみてください。

白さを保つコツ

ホームホワイトニングは万能というわけではありません。 それでも、白さを持続させる努力を行えば長く効果を発揮できます。 自宅でできる、というのは最大限のメリットでもあり、デメリットでもあります。 憧れの白い歯を手に入れたら、やはりずっとそのままでいたいものです。